エロポップ

エロをポップに。カルロスの下ネタ専用ブログです。

[恋愛観]好きな人を1人に絞ることなんて出来るのだろうか。#初めての不倫学

童貞卒業歴4年という若輩者の僕は、今まで恋愛(や性)において議論を重ねてきました。

<参考記事一覧>

【性生活をカミングアウト】僕は26年間、イッたことがない。

ファンに手を出しました。5ヶ月ぶりのセックスでカルロスはイケたのか?!

付き合うって、セックスがOKの関係のことですか?

[不倫や浮気も肯定される?!]オープンマリッジ、ポリアモリーという生き方。

一般的には性に関して発言することはタブー視されています。

でも、そこまで秘密にしすぎる必要はないと思います。

むしろそうすることは少し不健全に感じています。

ただ僕のようにオープンにしすぎるのにも違和感を覚える人はきっとたくさんいることでしょう。

f:id:crls1031:20160113210620j:plain

トップ画:Photo credit: nattu / Foter / CC BY

そういったことで思考をめぐらしていたことが「初めての不倫学」を手にとって、いろいろと明確になりました。

坂爪 真吾 光文社 2015-08-18
売り上げランキング : 315
by ヨメレバ

僕にはポリアモリーの気質が確かにある

ポリアモリーやオープンマリッジという言葉を知ったのは最近です。

ここには僕の知らない世界の膨大な広がりを感じました。

そして少しの希望をここに見い出したのは確かです。

 例えばこの価値観。

ポリアモリーの世界では、セックスを「2人の間で独占して厳重に守るべき、有限で貴重な化石燃料」としてではなく、「世界にふんだんに存在し、複数の相手と分かち合うことで皆が豊かになる再生可能エネルギー」として捉える

なんですか、この表現!

すげぇ。 とても素敵に思い、少しの共感を覚えました。

基本的に性交渉を最高のコミュニケーションだと捉えている部分はありますし。


 下心丸出しで言えば、僕は複数の女性と関係を持ちたいと思っています。

でもこれは相手に強要することではなく、もちろん合意の上でのものではならないともちろん思っています。

AVの演技に見られるようなレイプ同然の強要はふさわしくないともちろん思っています。


それ以上に性交渉が神秘的なものになり過ぎていると感じています。

“特別な2人だけに許されるべき行為”観が強すぎます。

なんでこんなに閉ざされた世界にしたてあげられてしまったのでしょうか。

(理由は本に詳しく書いてあります。)

倫理ガイドライン

ポリアモリーを実践する上での“倫理ガイドライン”なるものが載っていました。

これはポリアモリーに限らず、とーっても重要だと強く感じました。

【①民主的であれ】
ポリアモリーを実践するかどうかの意思決定は、お互いの合意によってのみ行う。交際のルールも、お互いの話し合いによって決める。

【②正直であれ】
パートナーに嘘はつかない。
ごまかしはしない。
持続可能で親密な愛情関係を築くには、パートナーに対して正直に徹することが絶対に欠かせない。
嘘やごまかしがあると、不安や嫉妬に耐えられなくなる場合がある。
愛情や性的欲求も、それに比例して薄れてしまう。

【③全員が幸せになる形であれ】
ポリアモリーの実践によって傷つく人が出てはいけない。
これはパートナー同士だけでなく、子どもも含まれる。
ポリアモリーの関係は、お互いのためになり、お互いを高め合うものでなければならない。
誰かが我慢したり、自分の個性や価値観、気持ちを押し殺すようなことがあってはならない。
当然のことだが、避妊や性感染症にも気を配る必要がある。

【④真剣であれ】
第1の関係、第2の関係、第3の関係の相手は、いずれも長期的かつ真剣に付き合う気持ちで臨む。
正直で真剣な性愛関係は生涯にわたる絆を生む。
一時的な寂しさを埋めたり、性欲を満たすために相手を短期間で使い捨てたり、コロコロ変えたりするような真似はしない。
関係を持った後にどうしても真剣になれないことがわかった場合は、そのことをきちんと相手に伝える

まさにそうでしょう。 これは全人類が生きる上で必要なスタンスなのではないのでしょうか。

僕は自分の価値観をパートナーに強要しない

僕が言いたいのは「僕は純度100%のポリアモリーである!」ということではありません。

ポリアモリーという価値観も非常に魅力的に感じたまでです。

こういった価値観を学ぶことで、従来通りの付き合い一辺倒な世の中から決別してもいいのかなと思ったまでです。

幸せな結婚生活は、お互いの生と性に逃げずに向き合うことでしかつかめない。

一夫一婦制に内在する諸々の不可能性と様々な困難の不可避性を踏まえつつ、目の前のパートナーと仲良く過ごしていきたい

僕は相手としっかり話し合いを行うことで、生きるスタンスを構築したいと思います。

”周りがそうしているから”、“常識がそうだから”、ということだけで判断するのはあまりにも盲目的すぎます。

相手としっかり向き合い、相手とのルールを作ることに価値があり、意味があると感じました。

もっと楽しく!

カルロスに会おうッ!

カルロス [カルロスに会う方法]やってもらいたいことを、やってもらいたい金額でやってもらおう! カルロス

 

 

<カルロス出没情報>
1/13-14 仙台 → 大阪
1/15-16 大阪 → 東京
神よ、降臨せよ!

プレゼント [20160107更新]カルロスのほしいもの、読みたい本リスト プレゼント

 

 

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

 

 

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebookhttps://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitterhttps://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com