エロポップ

エロをポップに。カルロスの下ネタ専用ブログです。

僕は世界とセックスするためにブログを書く。

カルロスを知らない方へ!

カルロスこと小林勝宗とは

先日、クリエイターの友人と会話することがあり、その内容がとても興味深かったでのここに記しておきます。

なお、以下には“セックス”や“オナニー”という用語が出てくるので、そういった単語に嫌悪感を抱く人には読むことをオススメしません。

f:id:crls1031:20160114122506j:plain

トップ画:Photo credit: edoardocosta / Foter.com / CC BY-ND

僕は世界とセックスするためにブログを書く

先日、ミラクリの小林敏徳さんがこんなことをおっしゃっていました。

ぼくがブログを書く目的は「社会との接点をつくるため」

なぜブログを書くのか?本当の目的を知っていますか? -ミラクリより引用。

僕もまさにそうだなと感じていました。

これはクリエイターの友人からすれば「世界とセックスするため」であると表現していました。

世界とセックスする手段はなんでもいいことでしょう。

僕はブログが好きなので、この手段を選択しているに過ぎません。

究極のオナニーを目指すことこそアート

ただ友人は自身のクリエイト活動においてセックスを求めていないそうです。

ただ彼は商業的にクリエイト活動を行っています。

人からセックスを求められることと、自分がそれを求めていないことに対して感じる矛盾には葛藤していました。

彼は本当は「究極のオナニー」を求めていました。

それは相手などどうでもいい領域という意味です。

僕が考えるアート像

僕が現在考えるアート像は“自分の心から表現したいものを表現したもの”だと思っています。

それはしかたのないことですが、賛否が分かれるものにもなりえます。

世の偉人レベルのアーティストは一定数を不快にさせていたとそうですし。

□参考:ビートルズ、ピカソ、そして岡本太郎の作品は人を不快にさせるからこそ、価値がある「ウェブでの炎上が増えるほど、世の中が多様化する。」|リーディング&カンパニー株式会社

その賛側と上手くやっていき、楽しく人生を全うできればいいと思っています。

賛も否も存在しない

ただ彼はもう賛だろうが、否だろうがもうどうでもいいとのことです。

自分が一番気持ちよくなれる表現を求めています。

セックスを求める表現者は、目の前に股が広げられば喜んで突っ込むことでしょう。

ただ彼のようなクリエイターは、目の前にいくら股が広げられたところでそこに興味はないそうでした。

パフォーマーかクリエイター

彼はこの違いをパフォーマーとクリエイターという違いで表現されていました。

一見ブログもクリエイト活動に思えますが、僕はパフォーマーであるということを認識しました。

パフォーマーは周りからの注目や評価で輝きを放ちます。

一方クリエイターは周りからの評価はある程度嬉しいものの、本当に望んでいるのは自分の快楽だけみたいです。

僕は圧倒的にパフォーマーになればいい。

ということで僕はパフォーマーとしての表現をどんどん深めていければと思いました。 今後クリエイトする喜びを求めるようになるかは定かではありません。

クリエイタータイプの仲間からアイディアをもらいながら、もっと面白いことが出来ればと感じました。

もっと楽しく!

カルロスに会おうッ!

カルロス [カルロスに会う方法]やってもらいたいことを、やってもらいたい金額でやってもらおう! カルロス

 

 

<カルロス出没情報>
1/13-14 仙台 → 大阪
1/15-16 大阪 → 東京
神よ、降臨せよ!

プレゼント [20160107更新]カルロスのほしいもの、読みたい本リスト プレゼント

 

 

Dream comes true!!

カルロス wants to do カルロス wants to do!! カルロス wants to do

 

 

カルロスと会いたい方、いつでも会いましょう!

小林勝宗 Katsuhiro Kobayashi【Carlos】
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebookhttps://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitterhttps://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com